世界食料デーシンポジウム2018


講演は撮影不可、レセプションは写真撮れました。以下、メモより。
FAO日本所長 Charles Boliko チャールズ・ボリコ氏:
「世界の飢餓人口は再び増加。原因の1つは「自然災害と気候変動」、2つ目が「紛争」、3つ目は「経済停滞」。世界の飢餓人口は8億2100万人。アフリカに多いかと思われがちだが、実際にはアジアに5億1500万人で、全体の3分2。世界には人口をまかなうだけの食料は生産されている。しかし生産されている食料の1/3は廃棄されている。Foodロス 食料ロス。SDG12 生産消費、SDG13 気候変動、SDG2 食料ロス・飢餓」
FAO親善大使:国谷裕子氏
「飢餓人口の増加の3つの原因は
・自然災害 気候変動
・紛争
・経済停滞
環境正義 Environmental Justice が叫ばれている。
ストックホルム・レジリエンス・センター所長ヨハン・ロックストローム教授は言う。「我々は2つのことをしなければならない。・脱化石燃料 ・持続可能な食料供給を」
また水資源を持続可能にしていかなくてはならない
新しい世界の開発アジェンダ SDGs
しかし、気候変動で悪循環に陥っている。」
FAO所長ボリコ氏:
「小規模農家にレジリエンスを持たせるためには、・知識を共有する・気候変動対応型農業」
シリアなどで分かったこと。難民キャンプに食糧支援をしてきたが、難民キャンプに50%避難しているということは、残りの半分の50%の人は元の土地に残っている。残っている人たちを支援しなくてはならない。
小規模農家のレジリエンス
・予防
・回復力
気候変動対応型農業により小規模農家のレジリエンスは高まる。
食料ロスによる温室効果ガス排出は国として換算すれば、中国、米国についでに第3番目となる。
SDGsでは5つのP ・P People(人間)・P Planet (地球) ・P Partnership(パートナーシップ) ・P Peace(平和)・P prosperity(豊かさ)」
「No One Leftbehind 誰一人取り残さない」とは、「誰もが自分事として取り組むこと。」
気候変動を放置すれば、今世紀末までに東アジアの食糧生産量は現在の半分になる。

国土強靱化レジリ学園関西校キックオフ

政府の国土強靱化推進室が支援する「ナショナル・レジリエンス・コミュニティ」(通称:レジリ学園)関西校のキックオフに参加してきました。未曽有の被害をもたらす大規模災害に備えてレジリエンスなコミュニティを広げて能力を高めようというものです。防災・縮災の専門家である関西大学教授の 河田恵昭 先生の記念講演では、大規模災害について驚かされるお話を聞かされ,日ごろから「共助」のつながりを作っておくことが大切なことを思い知らされました。

河田恵昭・関西大学特任教授
河田恵昭・関西大学特任教授

dav

dav
sdr
dav

内閣官房国土強靱化ワークショップ

グランフロントのナレッジキャピタルでの内閣官房国土強靱化ワークショップの1日目。先月の東京・霞が関での内閣官房国土強靱化レジリナイトに引き続き、大阪梅田での国土強靱化ワークショップに参加しています。「いざという時も支えあえる、つながりの育み方」をテーマに株式会社studio-Lの山崎 亮さんからコミュニティ・デザインについてのお話を聞きました。続けて、とてもよいワークショップができました。

内閣官房国土強靱化ワークショップ
内閣官房国土強靱化ワークショップ

内閣官房 国土強靱化:私のひとこと special.20

内閣官房 国土強靱化推進室の主催のレジリナイト Jan.2018に参加